人気ブログランキング | 話題のタグを見る

恐竜の絶滅と人類

恐竜の絶滅と人類

 ちょと奇想天外な仮説を述べてみたい。それは人間の愚かさについてである。
 今、地球という「生き物」にとって、人間は最大の害虫(人間だから害虫でなく害人?)になりつつある。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんの声に、耳を貸さないばかりか、彼女の発言をTwitterでおちょくるトランプ米大統領を筆頭に、地球環境の悪化に鈍感な人間が多すぎる。
 私は、人間は恐竜よりはるかに劣っている存在ではないかと考えるようになってきつつある。
 恐竜の絶滅の主要因に関する説には以下のものがある。
 短時間で滅んだとする激変説(隕石衝突説・彗星遭遇説など)。
 長時間かかったとする漸減説(温度低下説・海退説・火山活動説など)。
 確定的定説とされているのが巨大隕石の衝突である。1980年、地質学者のウォルター・アルバレスと父親の物理学者ルイス・アルバレスは、世界的に分布が見られる中生界白亜系と新生界古第三系を境する粘土層(通称K-T境界層)に含まれるイリジウムの濃度が他の地層の数十倍であり、かつ、イリジウムは地殻にはほとんど存在しないことから、これが隕石の衝突によってもたらされたものであると考え、大量絶滅の原因を隕石の衝突であると結論づけた。
 その後、1991年メキシコ・ユカタン半島に、直径180キロメートルの巨大クレーター(チチュルブ・クレーター)が発見され、このクレーターを形成した隕石の衝突が恐竜絶滅の原因説に信憑性をもたらした。この説では、地球規模の大火災で生態系が破壊され、衝突後に生じた塵埃が大気中に舞い、日光を遮断することで起きた急速な寒冷化が絶滅の原因であというものである。
 最初の恐竜が、は虫類の仲間から進化して生まれてきたのが、およそ2億3000万年前といわれている。 そして、巨大隕石が地球に衝突した約6600万年前に絶滅した。つまり恐竜は、2億3000万年前から6600万年前までの約1億6000万年もの長い間この地球上に存在していたことになる。
 人類が地球上に登場するのは、700万年前くらいだそうだ。最古の人類化石は、中央アフリカのサヘラントロプス・チャデンシスで発見されことが、2002年に報告された。700万~600万年前と推定されている。恐竜の生きた期間と比較にならないくらい短い。
 私は、恐竜の絶滅と人類の将来を結びつけて考えていることがある。
 恐竜を絶滅に追い込んだ隕石は、クレーターの大きさから計算すると、直径が約10キロあったことになるという。何故、これほどの隕石が地球上まで到達したのか。その後、これほどの隕石落下の情報は、私の知る限りではない。しかし、毎年5万トンもの宇宙物質が地球に落下しているという。その大半は大気圏で砕け、半ミリ以下の塵となってしまっているそうだ。
 では、なぜ6600万年前に巨大な隕石が地球に到達したのだろうか。
 私は、その頃、地球環境が破壊的な状況にあったのではないかと推測している。1億6000年もの長い期間地球に生きてきたのであるから、恐竜はとても賢い生物だったろう。しかし、その賢さ故に、長い年月をかけて地球環境を破壊していたのではないか。途中で砕け散るはずの隕石が地球上まで到達するほど、地球を取り巻く環境を恐竜たちは破壊していまっていたのではないか。1億年以上の時間をかけて。
 そんな、奇想天外、ハチャメチャな想像をめぐらしていると、人類の未来が見えてくる。
 はたして人類は、恐竜と同じくくらい生きて存在できるのだろうか。
 今のまま、地球環境を破壊し続けるなら、そう遠くない先に、巨大隕石が地球を襲うのではないか。隕石が落ちてこなくとも、オゾン層の破壊、温暖化などで、人類が生存できる環境ではなくなるのではないか。そんな気がしてならない。
 環境活動家グレタ・トゥンベリさんの声を無視続ければ、人類は100年先には、絶滅しているのではないかと私は想像してしまう。
 「お前は、その時代には、地球に存在していないだろうが」という声が聞こえそうだ。
 その声は、誰の声なのか。
 安倍晋三、ドナルド・ジョン・トランプ、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン、習近平などなどの政治家、そして彼らを取り巻く諸々の声のように思える。
 しかし、それだけではないような気もする。いま、地球上に存在する多くの人間たちの声も聞こえてくる。内田樹さんの言を借りれば、世に住む「朝三暮四」の面々だ。
(2020年3月18日)
恐竜の絶滅と人類_a0398861_21113935.jpg

恐竜の絶滅と人類_a0398861_21114032.jpg

恐竜の絶滅と人類_a0398861_21114278.jpg


by kazu482623_m18 | 2020-03-18 18:37 | 人間という生き物